小児眼科・子供の眼科 みなと眼科クリニック(大分別府)

大分県別府市の眼科 みなと眼科クリニック
大分別府の眼科なら0977-22-2270まで(朝9時~夜6時)
  • 標準
  • 大きく
大分別府の眼科なら0977-22-2270まで(朝9時~夜6時)
診療について
別府眼科みなと眼科(大分県別府市)診療について

小児眼科・子供の眼科

子どもの視力について

子どもの視力について

子どもはピント調節力が強いので、見えない時でも強くピントを調節してしまい、視力の状況が分かりづらいです。
子ども(小学生以下)の正確な目の度数を検査するためには「サイプレジン」という点眼薬を使って検査を行います。
サイプレジン検査を受けられる方へ

子どもの眼疾患・症状について

近視
近視
(小学生高学年~中学生)
近視になりかけの仮性近視(偽近視)の時期には、点眼薬による治療が可能な場合がございます。
病的近視
近視
(幼児期から)
病的近視と呼ばれ、網膜剥離やその他の眼疾患を起こすことがあります。
早めに眼科を受診ください。
遠視/片目のみ遠視など
遠視
近く・遠くがはっきり見えないため、視力が発達しない場合があります。
矯正せずに放置しておくと、弱視になります。
斜視/立体感・遠近感がわかりにくい
斜視
ものが二重に見え、脳が混乱するため、斜視になっている側の目を使用しなくなります。そのため、使わない側の目は弱視になることがあります。

※乳児の場合は偽斜視と呼ばれ、斜視とは異なります
弱視
弱視
弱視は成長過程において、「ものを見る訓練ができない」と起こります。
そのため、遠視や斜視の場合に弱視となってしまうことがございます。
「テレビを前の方で見る」「目を細めてものを見る」「いつも頭を傾けてものを見る」など当てはまる場合は、ぜひご相談ください。

サイプレシン検査を受けられる方へ

モノを見ようとする時、目の中の筋肉が緊張し、水晶体を厚くすることでピントを合わせます。これを「調節」と言います。
子どもの場合、余分な調節をしてしまい、通常の検査では正確な目の状態が分かりません。そのため、調節を休ませる点眼薬を使用して検査を行います。
サイプレジンという点眼薬を5~10分おきに2回点眼し、1時間後に屈折(遠視・近視・乱視の度数)検査を行います。

この点眼薬を点すと
◎瞳が大きくなり、光が眩しく感じます
◎近くが見えにくくなります

※個人差がありますが、約1~2日で元に戻ります。
 まれに副作用として、一過性の精神症状(眩暈・幻覚・方向誤認)が現れる場合もございます。

乳幼児への眼帯の使用はご注意ください ~視力は8歳まで成長します~

子どもが「ものもらい」など目の周囲の病気にかかった場合に、触れさせないように眼帯を使用してしまう場合があります。
眼帯を使用することで、形態覚を遮断してしまうため、視力の発育過程にある乳幼児の場合には、短期間でも弱視を引き起こすことがあります。
重度の外傷治療などで不可欠な場合を除き、乳幼児に眼帯を使用することはお控えください。

キッズスペースについて

キッズスペースについて

待合室には、お子さまとご一緒に来院いただいた場合に備え、キッズスペースを併設しています。
お子さまを診察する際に、どうしても診察室が好きになれず、落ち着かなかったり、泣いてしまったりする場合に、キッズスペースで診察すると安心できるのか、おとなしく受診してくれることもございます。

また、保護者の方がお子様連れで受診される場合も安心して診察・治療を受けていただけます。

  • 2014年1月15日(水)
  • 09:00~12:30 診療
  • 12:30~14:00 往診
  • 14:00~18:00 診療
  • ただいま診察可能です
医療法人 祥成会
みなと眼科クリニック
[休診日]
木曜日、第1・3・5日曜日、祝日
※土曜・第2・4日曜日は
 診療しております

[診療時間] 9:00~18:30
※月・火・水・金曜日は
 18:00までの受付
※土曜日は16:30までの受付で
 17:00までの診療
※第2・4日曜日は
 12:30までの受付
お電話のご相談は
みなと眼科(大分県別府市) 0977-22-2270
〒874-0922
大分県別府市船小路町5-20
国際観光港入口
大分県別府市船小路町へお車でお越しの方へ
クリニック併設の専用駐車場が満車の場合は、別府港駐車場にご駐車ください。
会計時に駐車券ご提示いただくと無料駐車券をお渡しいたします。(第2駐車場が近くて便利です)
このページの上部へ