「か」からはじまる眼科用語 みなと眼科クリニック(大分県別府市)

大分県別府市の眼科 みなと眼科クリニック
大分別府の眼科なら0977-22-2270まで(朝9時~夜6時)
  • 標準
  • 大きく
大分別府の眼科なら0977-22-2270まで(朝9時~夜6時)
眼科用語集
別府眼科みなと眼科(大分県別府市)眼科用語集

「か」からはじまる眼科用語 1ページ目

「か」からはじまる眼科用語

49の「か」からはじまる眼科用語がございます
白内障のひとつです。異物が目に入ったり、刃物などで水晶体を傷つけることで起こります。自覚症状がすぐに出ないので、目に何らかの強い圧力が加わったときには眼科での診察をお勧めいたします。

鈍的外傷が原因で発症する緑内障を指します。この緑内障は、何らかの外傷や疾患があって、それに引き続いて発症する続発性緑内障に分類されます。

眼球内での房水の流れが悪いため眼圧が上昇するタイプの緑内障で、慢性的に視神経が圧迫されて、徐々に進行していきます。眼が重い、眼が疲れやすい、肩がこるなどの症状が出ることもありますが、多くはかなり進行するまで無症状です。

水晶体の中央部分(核)が濁ってしまう病気です。進行すると水晶体の屈折力が高まり近視化する場合があります。通常は徐々に進行していきますが、他の目の合併症があると急激に視力が低下することもあります。

眼球の最も外側の部分ある膜。5つの層からなっており、血管のない組織で周囲の血管網と前房水・涙によって栄養をとっている。常に表面は涙で覆われており、酸素供給は涙などから行われている。目神経が通っており、刺激に過敏に反応して目をつむるなどの反射が起こる。

レーシックを行うのに一番重要な検査。パキメータという機械で角膜の厚さを測定する。点眼麻酔を使用し、超音波を当てて角膜内皮面から跳ね返ってくるまでの時間で角膜厚を測定する。

角膜ににごみがついたり、ごみが刺さっている状態が角膜異物です。早急に異物を除去し、感染を防ぐことが重要です。

角膜の表面の上皮がめくれる角膜びらんとは異なり、その奥の角膜実質にも、影響が出ている状態のことをいいます。角膜の病気としてはかなり重症で、すぐに治療をしなければなりません。

ドライアイとも言います。目の疾患のひとつ。角膜乾燥症(かくまくかんそうしょう)のこと。生活習慣などの要因で、角膜上の成分が変化することにより眼球表面が乾燥する病気。まれにレーシック手術の後遺症となる。

角膜形状解析装置という機器を使い、このデータをパソコンで測定・解析し、角膜の形状や状態を詳細に測定する検査。

角膜の内側にある角膜内皮細胞が死んでしまい、本来 透明であるはずの角膜が、白く濁る症状です。

白い不透明な無機物が角膜に沈着して、両目の角膜が白濁する遺伝性の病気です。左右の目の同じ位置に、対称的に白濁点が現れます。

角角膜実質の炎症で、先天性と後天性があります。先天性の代表的なものは、先天梅毒と結核によるものです。後天性の代表的なものは、細菌、ウィルスなどの感染によるものが多くみられます。

エピレーシック(Epi-LASIK)やPRKの術後、症例によっては角膜の濁りが生じる場合があります。

角膜には血管がないため、酸素は空気から涙を介して取り込んでいます。コンタクトレンズを長期に使用して角膜が酸素不足になると、結膜から角膜に血管が伸びてきます。これを角膜新生血管と呼びます。

角膜と白目の境にできる先天性の腫瘍です。角膜や強膜(白目)が傷つけられると、角膜混濁を起こしたり、視力の発達障害を起こす事があります。原因は、胎生期に目の中に皮膚が迷い込んだためといわれます。

角膜内皮(角膜の裏)細胞が減っていないか数を調べる検査です。目のケガやコンタクトレンズを長期間使用することで、この細胞が死んで数が減っていく。眼内レンズを装用する上で安全かどうかを調べる。

角膜の表面が部分的にとれた状態をいいます。視力障害は残らないのが一般的です。多くは外傷、異物飛入、コンタクトレンズ障害など、外的な要因で起こります。

ヘルペスウイルスの一種が眼に感染するのが原因で、それに対する免疫反応によって起こる病気です。症状は眼痛・なみだ目・充血などがあります。大部分の人が成人になるまでにこのウィルスに感染していますが、発症せず潜伏感染のままです。それがストレスや免疫力の低下などにより、表に出ることで発症します。

角膜は通常透明な組織ですが、濁りができていびつになっていく状態をいいます。原因は、様々で全身疾患から生じるもから遺伝性のものまである。

前へ

眼科用語を「キーワード」で探す

眼科用語を「あ行~わ行」で探す

眼科用語を「A~Z」で探す

眼科用語を「数字」で探す

  • 2014年1月15日(水)
  • 09:00~12:30 診療
  • 12:30~14:00 往診
  • 14:00~18:00 診療
  • ただいま診察可能です
医療法人 祥成会
みなと眼科クリニック
[休診日]
木曜日、第1・3・5日曜日、祝日
※土曜・第2・4日曜日は
 診療しております

[診療時間]
9:00~18:30
※月・火・水・金曜日の診療受付
 午前は12:00まで
 午後は18:00まで
※土曜日の診療受付
 午前は12:00まで
 午後は16:30まで
 17:00までの診療
※第2・4日曜日の診療受付
 午前の12:30まで
お電話のご相談は
みなと眼科(大分県別府市) 0977-22-2270
〒874-0922
大分県別府市船小路町5-20
国際観光港入口
大分県別府市船小路町へお車でお越しの方へ
クリニック併設の専用駐車場が満車の場合は、別府港駐車場にご駐車ください。
会計時に駐車券ご提示いただくと無料駐車券をお渡しいたします。(第2駐車場が近くて便利です)
このページの上部へ