「の」を含む眼科用語 みなと眼科クリニック(大分県別府市)

大分県別府市の眼科 みなと眼科クリニック
大分別府の眼科なら0977-22-2270まで(朝9時~夜6時)
  • 標準
  • 大きく
大分別府の眼科なら0977-22-2270まで(朝9時~夜6時)
眼科用語集
別府眼科みなと眼科(大分県別府市)眼科用語集

「の」を含む眼科用語 6ページ目

「の」を含む眼科用語

244の「の」を含む眼科用語がございます
見え方・感じ方が、色覚正常とされる人とは異なっている状態をいいます。色覚異常は、すべてが白黒に見える状態ではなく、区別のつきにくい色があるだけで、目に写る風景はカラーの映像です。

大多数方の色の見え方と明らかに異なる色覚のことです。日本では男性の約20人に1人、女性の約500人に1人、人数にすると全国に300万人以上いるとされています。

大多数方の色の見え方と明らかに異なる色覚のことです。日本では男性の約20人に1人、女性の約500人に1人、人数にすると全国に300万人以上いるとされています。

色弱者に対して、医療、教育、交通など場において、情報の送り手の意思を伝える仕組の事です。

大多数方の色の見え方と明らかに異なる色覚のことです。日本では男性の約20人に1人、女性の約500人に1人、人数にすると全国に300万人以上いるとされています。

色認識に弱い人事を言います。

大多数方の色の見え方と明らかに異なる色覚のことです。日本では男性の約20人に1人、女性の約500人に1人、人数にすると全国に300万人以上いるとされています。

錐体と杆体2種類があります。

視神経は、網膜映像情報を脳へと伝達する神経です。

視神経は、画眼球で集められた物形や光りなどの視覚情報を脳に伝える電線の役割をしている。この電線に何らかの障害がおき、脳への情報がきちんと伝わらない病気を視神経障害と呼び、原因がはっきりしてることもあるが、不明な場合ある。

視神経が集結する部分事を指します。

角膜真ん中辺りで、角膜の大部分を占める層。レーシックでは角膜実質層を削ることによって変化させ、屈折矯正を行う。

それまで視力あった人が、視力を失うこと。医学的には色覚のないものを言う。明暗の違いも区別もできないか、あるいはようやく明暗を区別できる程度の状態。

遮眼子は、視力検査際に片目を覆う器具の事です。

成長期になんらか原因により目に情報が行き届かず、発達が妨げられて起こるのが弱視です。

両眼視線が一点に向かわず、それぞれが別の方向を向いている状態をいいます。

シュレム管とは、線維柱帯を通った房水排出路となる管です。

眼球内部大半を占めている透明なゲル状の物質で99%が水で構成されています。水晶体の後ろに接し、一部で網膜とくっついている。眼球の形を保つ役割と、入ってくる光を屈折させる働きがある。

硝子体とは、水晶体と網膜間にあるゼリー状の物質になります。眼球のかたちを保つ役割を担っています。

本来透明な硝子体に濁りが生じることです。様々な原因がありますが、ぶどう膜炎など炎症性疾患が最も頻度の高い原因です。

眼科用語を「キーワード」で探す

眼科用語を「あ行~わ行」で探す

眼科用語を「A~Z」で探す

眼科用語を「数字」で探す

  • 2014年1月15日(水)
  • 09:00~12:30 診療
  • 12:30~14:00 往診
  • 14:00~18:00 診療
  • ただいま診察可能です
医療法人 祥成会
みなと眼科クリニック
[休診日]
木曜日、第1・3・5日曜日、祝日
※土曜・第2・4日曜日は
 診療しております

[診療時間] 9:00~18:30
※月・火・水・金曜日は
 18:00までの受付
※土曜日は16:30までの受付で
 17:00までの診療
※第2・4日曜日は
 12:30までの受付
お電話のご相談は
みなと眼科(大分県別府市) 0977-22-2270
〒874-0922
大分県別府市船小路町5-20
国際観光港入口
大分県別府市船小路町へお車でお越しの方へ
クリニック併設の専用駐車場が満車の場合は、別府港駐車場にご駐車ください。
会計時に駐車券ご提示いただくと無料駐車券をお渡しいたします。(第2駐車場が近くて便利です)
このページの上部へ